マツコのBeautiful Days

ダイエットとか頑張ってます(`・ω・´)

rainbow

しわ、たるみの対策を考える

しわにも種類がある、というのをご存じですか?
まず、口もとや目もとにできる「ちりめんじわ」といわれるものがあります。これは「乾燥じわ」とも呼ばれ、保湿成分を加えると元に戻るようになっています。

それから「表情じわ」です。これは、顔の表情に合わせてできるしわで、「笑いじわ」などもこれです。これは、表情が戻ると同時に見えなくなります。

そして、「真皮のしわ」です。これは、笑ったときにできてくる目もとや口もとにあるしわが、笑わないときでも見えるようになれば、それが「真皮のしわ」ということになります。

25歳ぐらいからのしわは、多くがこれに相当するものです。紫外線によってコラーゲンが固くなってきたり、コラーゲンが年齢を重ねることによって減少してしまうと、真皮のしわができる元となります。真皮のしわは、一度出来てしまうとなくすことは難しいので、できるだけ早めに予防することが重要です。特に、紫外線対策や、アンチエイジングの対策を、しっかりとするようにしましょう。

それから、たるみについてですが、たるみにもいろいろと種類があるのです。
まず、口の両側にできる「法令線」と呼ばれるしわです。口もとの皮膚や、頬にある脂肪などがたるむことで起こってくるようです。

次は、「たるみ毛穴」と呼ばれるものです。年齢を経るごとに、毛穴の周囲を支えている皮膚の力が低下して、頬などにある毛穴が開いてきます。

それから「涙袋」といって、目の下のたるみもあります。これは、眼球の周囲にある脂肪を支えてくれる皮膚などがたるみ、プクッとふくらんで見えるものです。

それに、「二重あご」と呼ばれる、誰でも知っているたるみもあります。これは、筋肉が衰えてしまったり、皮膚がたるんでしまったりして、顔のラインが崩れてしまうことをいうものです。

全体的に、お肌のハリ、或いは弾力がなくなってくると、しわやたるみの原因になっていきます。
だから、しわやたるみを解消していくためには、お肌のハリ、弾力を取り戻すように努力していくことが大切なのです。

若い頃は、お肌の再生機能が活発なのですが、年齢を経るごとにそのお肌の再生を促す機能がだんだん衰退してしまいます。そうすると、しわやたるみができてくるのです。だから、スキンケアをしていくことは、お肌のためにとても大切です。

しわやたるみなどを解消していくには、お肌の表面の表皮のスキンケアだけではなくて、表皮の奥の真皮までスキンケアをしていくことが必要です。

お肌が乾燥してくると、しわやたるみができやすくなってしまうため、化粧水を使用して、たっぷりの水分をお肌に与えるようにします。

それに、ビタミンC誘導体、レチノ―ルなど、コラーゲンを増やすように働きかける美容液を一本使うようにしましょう。

毎日のスキンケアに、こういう美容液を加えることが、しわやたるみの予防になるのです。

最後の手段として、エステに通うなどして、プロのアドバイスを得るのも良いでしょう。
ココのサイトがフェイシャルエステについて上手くまとめていました。

↓↓↓↓↓

美顔エステ

Comments are closed.